翻译大师的博客

讲述翻 译大师学习翻译的心路历程

« the other is looking upon into the sea.re my best friend »

  战乱频仍过

   转至


  浪人御所 -> 日语部屋 -> 【原创】清凉作品――小仓百 人一首汉诗翻译全集

  050.君がため 惜しからざりし 命さへ くもがなと 思ひけるかな /藤原孝


  译为:


  幽情一夜求长久,


  为爱不惜抛死生。


  051.かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしもしらじな もゆる思ひを /藤原方朝臣

  译为:


  伊吹艾草茂无垠,

  犹若相思泪满襟。

  我有痴情能付欤?

  焚心焚爱亦焚身。


  052.明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほうらめしき 朝ぼらけかな /藤原道信朝臣

  译为:


  晓日催分袂,

  迟迟不忍归。

  纵然今夜见,

  犹恨此朝晖。


  053.なげきつつ ひとりぬる夜の あくるまは いかに久しき ものとかはしる /右大将道母


  译为:

  太息复太息,

  寂寞了无时。

  多少未眠夜,

  问君知不知?


  54、忘れじのゆく末まではかたければ今日を限りの命ともかな。――仪同三司母

  译为:


  君言不忘到来世,


  今日何妨许此生。


  55、の音はたえて久しくなりぬれど名こそ流れてなほこえけれ。――大衲言公任


  译文:

  天生飞瀑涛声烈,

  不负名传天下长。


  056.あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いまひとたびの 逢ふこともがな /和泉式部

  (あらざらん このよのほかの おもいでに いまひとたびの あうこともがな)

  【代】

  私はきっともうすぐ死んでしまって、この世からいなくなるでしょう。


  ですから、私があの世にいった後で、この世に生きていたの思い出にできるように、

  せめてもう一度あなたにお会いしたいのです。


  (この歌は和泉式部が重い病にかかり、自分の人生を振り返りながらんだ歌である。)

  译为:


  我命将休矣,


  黄泉路已明。


  不求得恕免,


  唯愿与君逢。


  57、めぐりあひてみしやそれともわかぬまにがくれにし夜半の月かな。――紫式部

  译为:

  长盼相逢恨未逢,


  相逢不至各西东。


  无奈恰如夜半月,


  匆匆总在密云中。(变体七绝)

  058.有山 猪名の原 吹けば いでそよ人を 忘れやはする /大三位

  (ありまやま いなのささはら かぜふけば いでそよひとを わすれやわする)


  【代】


  有山のそばの猪名の原にが吹くと、のがそよそよとります。

  その音のように、そうですよ、どうしてあなたを忘れたりするものですか。


  译为:


  猪名川岸青原野,


  有马山中竹叶林。


  君爱渐疏终不忘,


  山风犹助我声音。


  059.やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて かたぶくまでの 月をしかな /赤染

  (やすらわで ねなましものを さよふけて かたぶくまでの つきをみしかな)

  【代】


  あなたが、おいでになるなんておっしゃらなければ、私はためらわずに寝てしまったのに。


  あなたの言をあてにして待ちけ、とうとう月が西の山に沈むまで、眺めてしまったのよ。


  译为:


  夜阑难入梦,


  君诺却成空。


  我自痴心甚,


  叹息望月中。


  60、大江山生野の道のければまだふみもず天の立。――小式部内侍

  译为:

  大江山路远,


  桥立未曾临。


  我自才思敏,


  何须问母亲?

  061.いにしへの 奈良の都の 八重 けふ九重に にほひぬるかな /伊大

  (いにしえの ならのみやこの やえざくら きょうここのえに においぬるかな)

  【代】

  昔の奈良の都、平城京で盛りの春に美しくきっていた八重。


  その八重が今、九重(中)で美しくきり、っています。まことにめでたい限りです。

  译为:


  奈良城里牡丹樱,


  烂漫香薰透九重。


  62、夜をこめてのそらねははかるともよに逢坂のはゆるさじ。――清少纳言

  译为:

  莫学鸡叫过函谷,


  逢坂关前妾意绝。


  063.いまはただ 思ひえなむ とばかりを 人づてならで 言ふよしもがな /左京大夫道雅

  (いまはただ おもいたえなん とばかりを ひとづてならで いうよしもがな)


  【代】


  今はもう、あなたのことはきっぱりあきらめようとめたが、


  ただそれだけを人づてでなく、直接あなたにえる方法があればなあ


  (せめてもう一度あなたに会いたい)。


  ※左京大夫道雅は三条上皇を父に持つ当子内王と恋に落ちたが、


  それが三条上皇の怒りにふれ、身分を落とされるはめになり、会うことをされなくなったのである。


  译为:


  飞祸终绝爱,


  音书俱渺茫。


  明朝能见否,


  相对诉衷肠。


  064.朝ぼらけ 宇治の川 たえだえに あらはれわたる 々の代木 /中言定

  (あさぼらけ うじのかわぎり たえだえに あらわれわたる せぜのあじろぎ)


  【代】

  ほのぼのと夜が明けるころ、宇治川に立ちこめた川が、とぎれとぎれに晴れてきた。

  しだいに川一面にれてくる、浅に仕けられた代木(あじろぎ)も点々と姿をしてきた。


  ※代木…代は冬をとるために杭をべて打ち、んだスノコを仕けて取る法で、代木はその杭のこと。

  译为:


  宇治临冬晓,


  幽幽冷雾中。


  鱼梁时现隐,


  江水正冥蒙。


  065.うらみわび ほさぬ袖だに あるものを 恋にくちなむ 名こそをしけれ /相模

  (うらみわび ほさぬそでだに あるものを こいにくちなん なこそおしけれ)


  【代】

  あなたの冷たさを恨み、悲しい想いで流すで


  乾くひまもない袖でさえ、こうして朽ちもせずに残っている。


  この恋のために、つまらないうわさをたてられ、


  私の判がすっかり落とされてしまうとは、なんとも口惜しいことです。

  译为:


  袖上潜垂泪,


  花间枉断肠。


  清名遭毁誉,


  憔悴谁知伤?


  066.もろともに あはれと思へ 山 花よりほかに 知る人もなし /前大僧正行尊

  (もろともに あわれとおもえ やまざくら はなよりほかに しるひともなし)

  【代】

  私がおまえをかしく思うように、おまえも私をかしいと思っておくれ、山よ。

  こんな山奥では、の花のおまえの他には、私の心を知る人はもいないのだ。


  译为:


  深山人罕至,


  却遇樱花开。


  物我两相忘,


  唯它慰我怀。


  67、春の夜のばかりなる手枕にかひなく立たむ名こそおしけれ。――周防内侍

  译为:

  春夜梦阑当睡去,


  不堪手枕叹名声。


  068.心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな /三条院

  (こころにも あらでうきよに ながらえば こいしかるべき よわのつきかな)

  【代】


  心からのいでもなく、自分の本心に逆らってこのつらい世を生きながらえたならば、


  そのこそ、きっとこの中でた夜の月が、恋しく思い出されることだろう。


  ※この歌は、目の病になった三条天皇が退位しようとんでいるころに


  中で美しい月を眺めてんだ歌である。


  この歌をんだ後、三条天皇は退位することになる。


  译为:


  滚滚红尘终误我,


  今宵夜月可流连?


  069.あらし吹く三室の山のもみぢ叶は 龙田の川のにしきなりけり 能因法师


  译为:


  红叶风吹散,


  秋深三室山。


  飘飘如绣锦,


  尽染龙田川。


  70、寂しさに宿を立ち出でてながむればいづこも同じ秋の夕暮れ。――良暹法师

  译为:


  出门抬望眼,寂寞四周空。

  暮霭沉沉过,秋凉萧瑟中。


  或者译为:


  寂寞门前空怅望,


  秋光暮色正苍茫。

  071.夕されば 田の おとづれて のまろやに 秋ぞ吹く /大言信


  (ゆうされば かどたのいなば おとずれて あしのまろやに あきかぜぞふく)

  【代】

  夕方になると、家の前にある田ののを、そよそよと音をたててれ、

  芦でふいたそまつな小屋に、秋がふいてくるよ。


  译为:


  田野暮苍茫,


  风吹瑟瑟凉。


  稻田甫掠过,


  又到芦屋旁。


  072.音にく 高の浜の あだ波は かけじや袖の ぬれもこそすれ /子内王家伊

  (おとにきく かたしのはまの あだなみは かけじやそでの ぬれもこそすれ)

  【代】


  うわさに高い、高の浜のむなしく寄せてはかえす波が、袖に濡れないようにしましょう。

  袖が濡れては大ですから。


  移りとうわさの高いあなたに、想いをかけることもしますまい。

  で袖が濡れると、困りますから。


  译为:


  高师海浪涌,


  来去不能知。


  将此喻君爱,


  使吾衣袖湿。


  073.高砂の 尾の上の きにけり 外山のかすみ たたずもあらなむ /前中言匡房

  (たかさごの おのえのさくら さきにけり とやまのかすみ たたずもあらなん)

  【代】

  高い山の峰の上に、美しいがいたなあ。

  近くの人里近い山の霞よ、どうか立たないでおくれ。

  あの美しい山をいつまでもていたいから、さないようにしておくれ。


  译为:


  雾起氤氲遮望眼,


  樱花烂漫远峰间。


  074.かりける 人を初の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを /源俊朝臣

  (うかりける ひとをはつせの やまおろしよ はげしかれとは いのらぬものを)

  【代】


  私に冷たかった人の持ちがこちらになびいてくれるよう、初の音にお祈りしました。

  ですが、その初の山から吹きおろす激しいのように、

  あの人の冷たさがいっそう激しくなれとは祈らなかったはずです。

  译为:


  佛前空祝祷,


  何奈总无情?


  初濑山归去,


  痴心付冷风。


  075.ちぎりおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり /藤原基俊

  (ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて あわれことしの あきもいぬめり)


  【代】

  あなたが束してくださいました(ヨモギの草についたみの露のように)ありがたいお言を、


  命のように大切にしてきましたが、それもむなしく、今年の秋もぎてしまうようです。


  ※させも…「させも草」は、平安代の万能だったヨモギのことで、ありがたられていた。

  译为:


  来是空言去是蓬,


  譬如朝露已尘封。


  老来渐觉秋怀冷,


  人世无常逝晚风。


  076.わたの原 こぎいでてれば 久方の 居にまがふ つ白波 /法性寺 入道前白太政大臣

  (わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの くもいにまがう おきつしらなみ)


  【代】

  大な海原に船を漕ぎ出してわたすと、


  くの方では白いとわけがつかないような、の白波が立っているのがえる。

  まことに茫洋と果てしない光景である。


  译为:


  放眼极悠远,


  茫茫一小船。


  海天相吻处,


  犹有水云翻。


  077.を早み 岩にせかるる 川の われても末に あはむとぞ思ふ /崇院

  (せをはやみ いわにせかるる たきがわの われてもすえに あわんとぞおもう)


  【代】


  川の浅の流れが早いために、岩にせき止められた急流が、


  いったんは二つに分かれても、また下流で一つになるように、

  私二人もたとえ今は人に邪魔されても、将来はきっとばれようと思う。


  译为:


  激流石上成双股,


  你我真情不可分。


  078.淡路 かよふ千の なく声に 夜ねざめぬ 磨の守 /源兼昌

  (あわじしま かようちどりの なくこえに いくよねざめぬ すまのせきもり)

  【代】


  淡路から通ってくる千の悲しげにく声に、いく夜目をましたことだろうか。


  この磨のの番人は。


  译为:


  淡路鸟飞徊,


  鸣声多少悲。


  须磨征戍客,


  夜夜梦魂违。


  079.秋に たなびくの たえより もれいづる月の 影のさやけさ /左京大夫


  (あきかぜに たなびくくもの たえまより もれいずるつきの かげのさやけさ)

  【代】

  秋に吹かれてたなびいている、の切れから漏れ出てくる月の光の、


  なんと明るく、清らかに澄みきっていることだろう。


  译为:


  秋风飒飒吹悠远,


  月在浮云隙处明。


  080.からむ 心もしらず の みだれてけさは 物をこそ思へ /待院堀河


  (ながからん こころもしらず くろかみの みだれてけさは ものをこそおもえ)

  【代】


  あなたのがくくかどうか、あなたの心もわからずれた今朝は、


  私のが乱れているように心も乱れて、物思いに沈んでいます。


  译为:


  曾言心不变,


  我自意迟迟。


  今日散青发,


  忧思君可知?


  81、其一、ほととぎすきつる方をながむればただ有明の月ぞれる ――藤原实定

  译为:


  清夜子规啼,


  声声碎耳旁。


  遍寻空不见,


  残月晓天长。


  或译:天色曦微闻杜宇,举头新月一弯残。


  082.思ひわび さてもいのちは あるものを きにたへぬは なりけり /道因法

  (おもいわび さてもいのちは あるものを うきにたえぬは なみだなりけり)


  【代】

  つれない人のことを思い、み、悲しんでいても、


  それでもやはり死にもしないで命はなんとかとりとめているのに、

  辛さに耐え切れず、流れてしまうのはであったよ。

  译为:


  爱上无情恨不生,


  眉头心底两难平。


  岂堪热泪朝朝下,


  成线成行不可停。


  83、世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞくなる。――皇太后宫大夫俊成

  译为:

  茫茫尘世路,奔走不曾停。

  此意无人会,且听山鹿鸣。


  084.ながらへば またこのごろや しのばれむ しとし世ぞ 今は恋しき /藤原清朝臣

  (ながらえば またこのごろや しのばれん うしとみしよぞ いまはこいしき)


  【代】

  もし生きながらえたならば、辛いことの多い今のことが、かしく思い出れるだろうか。

  かつては辛いと思った昔が、今ではかしく思われるのだから


  译为:


  人生何处是终极,


  往事悠悠付累灰。


  今日伤怀明日判,


  几分甜蜜几分悲。


  085.夜もすがら 物思ふころは 明けやらぬ のひまさへ つれなかりけり /俊法

  (よもすがら ものおもうころは あけやらで ねやのひまさえ つれなかりけり)

  【代】

  恋人の冷たさを恨んで、一中思い、いている。


  このごろはなかなか夜が明けなくて、朝の光が射しんでこない寝室の隙まで情に感じられるよ。

  译为:


  夜夜苦捱君不至,


  无情板隙更无光。


  086.なげけとて 月やは物を 思はする かこちなる わがかな /西行法

  (なげきとて つきやはものを おもわする かこちがおなる わがなみだかな)

  【代】

  き悲しめといって、月は私に物思いをさせるのだろうか。


  いや、そうではない。

  本当は恋のせいなのに、まるで月のせいであるかのように、

  恨みがましく流れる私のであったよ。


  译为:


  望月空长叹,


  愁思万万千。


  蟾光何罪有?


  我自泪潸然。


  087.村雨の 露もまだひぬ まきのに たちのぼる 秋の夕ぐれ /寂法

  (むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに きりたちのぼる あきのゆうぐれ)

  【代】


  さっと通りぎたにわか雨が残した露もまだ乾ききっていない杉やひのきののあたりに、


  もうがたちのぼっている。ものさびしい秋の夕暮れだよ。


  译为:


  骤雨初歇村似画,


  蒙蒙夕雾满秋山。


  88、波江の のかりねの ひとよゆゑ 身をつくしてや 恋わたるべき/皇嘉院当

  译为:


  难波江上芦,

  犹为记今夕。

  我义无回顾,


  忠贞永不移。


  或者译为:


  难波芦短良宵短,


  妾自情长君亦长?


  89、玉のよ えなばえね ながらへば 忍ぶることの よわりもぞする/式子内王

  译为:

  此身当绝直须绝,

  何必深情藏掖着。


  090.せばやな 雄のあまの 袖だにも ぬれにぞぬれし 色はかはらず /殷富院大

  (みせばやな おじまのあまの そでだにも ぬれにぞぬれし いろはかわらず)


  【代】

  悲しみので色がわってしまった私の袖を、あなたにおせしたいものです。

  あの雄の夫の袖でさえ、日海の水しぶきに濡れていても、色は少しもわらないというのに。


  译为:


  渔夫衣袖空湿透,


  不如我泪染成红。


  091.きりぎりす くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む /後京政前太政大臣

  (きりぎりす なくやしもよの さむしろに ころもかたしき ひとりかもねん)

  【代】


  こおろぎがしきりにいている。

  白々と霜のおりているこの寒い夜を、私はむしろの上に着物の片方の袖を敷いて、


  寒々しく一人寂しく寝るのだろうか。

  译为:


  被天席地秋深矣,


  满室清霜一客孤。


  092.わが袖は 潮干にみえぬ の石の 人こそしらね かわくまもなし /二条院岐

  (わがそでは しおひにみえぬ おきのいしの ひとこそしらね かわくまもなし)


  【代】

  私の袖は、潮が引いたときもえない海の底の石のように、人にはえないでしょうけれども、

  あの人を思う恋のに濡れて、わずかのさえかわくひまがないのです。

  译为:


  抛情洒泪皆因汝,


  爱似礁石隐不出。


  93、世の中は常にもがもな渚こぐ小舟の手かなしも――镰仓右大臣

  译为:

  船行滩下纤夫手,乃一声山水幽。

  (总感觉 此歌无视劳动人民疾苦)

  翻译错了,改为:


  时间随水逝,


  生命本恒长。


  君看纤夫影,,


  暮色满京都。


  御洗水纯净,


  可能涤罪无?


  99、人もし人も恨めしあぢきなく世を思ふゆゑにもの思ふ身は ――后鸟羽天皇

  译为:


  爱恨合成人,


  空谈世上真。


  恩仇谁泯灭?


  烦恼不能扪。


  100.ももしきや ふるきばの しのぶにも なほあまりある 昔なりけり /院

  (ももしきや ふるきのきばの しのぶにも なおあまりある むかしなりけり)


  代】

  この御所の建物の、古びた端に生えているしのぶ草をるにつけても、

  朝廷のさかえた昔がかしく思われて、

  いくらしのんでもしのびきれない程うらやましく思われることだなあ。


  ※ももしき…「百敷」または「百石城」とき、多くの石でできた城という意味から,御所のこと。

  ※しのぶ草…シダ植物で、水がなくなっても耐え忍ぶ草であり、それが名前の由来でもある。


  译为:


  深宫荒草没,


  战乱频仍过。


  回念旧繁华,


  太息不能绝。

  • 相关文章:

发表评论

网站分类

文章归档

Tags

Powered By
Copyright 杭州翻译公司 杭州翻译. Some Rights Reserved.

友情链接:    网购彩票正规平台   彩票游戏欢迎您   k8彩票活动优惠   乐和彩官方网站   好朋友棋牌